IBM®
本文へジャンプ
    Japan [変更]     English - Japanese    ご利用条件
 
 
 
    ホーム    製品    サービス & ソリューション    サポート & ダウンロード    マイアカウント    
IBM Research

インフォメーション&インタラクション


 テキスト・マイニング
テキスト・マイニングは、膨大な文書から人間の意図や感情を抽出し、記述内容の傾向や相関関係を分析することで、従来人手では困難とされていた有用な知識・情報を得ることを支援する技術です。TRLではIBM TAKMI®と評判分析という二つのソリューションを研究開発しています。TAKMIは、コンタクトセンターでのお客様の声に基づいた問題発見やFAQ作成支援、マーケティングでの顧客絞込み、などのソリューションで使われています。一方、評判分析は、アンケートなどの自由記述テキスト部分から好評・不評の観点で発言を抽出することで、製品やサービスへのユーザーの評判の迅速な分析に貢献しています。
 テキスト・マイニング 詳細
 
 医療情報マイニング
ITを利用して医療情報を分析し、様々な症例や患者の状態によって最善の治療方法を明らかにすることは極めて重要な課題です。医療情報マイニングは、患者の状態や医療行為のイベントからなる複雑な時系列情報から、共通の医療パターンや予測規則の発見を支援する技術です。また膨大な生医学文献からのエビデンス獲得や、遺伝子、タンパク質、病気といった実体間の関連探索を支援する技術も含んでいます。  
 
 音声技術
TRLは、T.J.ワトソン研究所をはじめとする世界中の研究者と協力し、過去20年以上にわたって主に日本語の音声認識ならびに音声合成の研究に精力的に取り組んできました。これらの成果はViaVoiceや、らくらくウェブ散策といった個人向けソフトウェアから、コールセンター等の大規模システムにいたるまで幅広い分野で利用されています。本プロジェクトの最終目標は、人間と同等、あるいはそれ以上の音声認識・音声合成能力をさまざまな種類の計算機上に実現することです。これにはカーナビをはじめとする車載機器や携帯電話、さらには情報家電、パーソナルロボットなど通常の計算機とは異なる形をしているものが含まれます。この目標は人間の耳と口を機械化するに過ぎませんが、それでも多くの人を退屈な仕事から解放したり、分厚いマニュアルを読まなくても複雑な機械を操作できるようにするのに大いに役立つはずです。一方、脳にあたる部分はまだまだ人工知能と言えるようなものではありませんが、発話の内容を理解し、効率よく適切な回答を行う手法の研究も行っています。
 音声技術 詳細
 
これまでのプロジェクト・成果
パーソナル・ビデオ・ダイジェスト
機械翻訳
自動要約
映像理解
3D Web environment
Webユーザ・インタラクション
遠隔教育システム
メディア・モニタリング・ソリューション
モバイル・リソース・マネジメント
データ・マイニング
サイト・アウトライニング
 
  

    日本IBMについてプライバシーお問い合わせ